船橋市での水回りリフォームの適切なタイミングは?

2021.01.23

不具合が発生すると普段の生活が一気に不便になってしまう住宅の水回り設備。

トイレなどは特に使用頻度が高いですし、代替の方法も限られているため、かなり不便になってしまうと言えます。

そこで少しでもおかしいなと思ったときに実施するべきなのが水回りのリフォームです。

この記事では、船橋市で水回りのリフォームをおこないたいと考えている方向けに、住宅の水回り設備のリフォームについて詳しく紹介していきたいと思います。

水回りのリフォームをおこなうかべきかどうかを見極めるポイントや、水回りのリフォームを実施していく上で重要になってくるポイントについて紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

 

水回りのリフォームはいつやるのがベストなの?

住宅の水回りの設備のリフォームを実施する場合、まず初めにリフォームを実施する必要があるのかどうかについて判断していかなくてはいけません。

最終的な判断については水回りのリフォームをおこなってもらう業者に任せるべきですが、最初の判断は自分たちでおこなっていくことになります。

ただ、判断のポイントは多くなく、「住宅の築年数が10年以上経過しているかどうか」のみです。

水回りの設備の耐用年数は10年ほどとなっていることがほとんどであるため、10年以上経過している場合は、業者に頼んで確認してもらうのをおすすめします。

もちろん、何かしらの不具合がすでに発生してしまっている場合であれば話は別ですが、そうでない場合は、まず住宅の築年数を確認してみるようにしましょう。

 

船橋市での水回りのリフォームをスムーズに進めていくために重要になってくる3つのポイント

ここからは、船橋市での水回り設備のリフォームをできる限りスムーズに進めていく上で重要になってくる3つのポイントについて紹介していきたいと思います。

1. 水回りの設備のリフォームはできるだけ同じタイミングでおこなう

水回りの設備のリフォームをおこなう場合、水回り設備の劣化の進行具合や箇所によっては排水管にも手を加える必要が出てくる場合があります。

そうなった場合、各水回りの設備のリフォームを実施するたびに排水管に手を加えていくのは効率的ではありません。

水回りの設備の耐用年数は10年ほどで、同じタイミングで劣化が進んでいくことが多いので、可能であればできるだけ同じタイミングで複数の設備のリフォームを進めていくようにしましょう。

2. 工事期間中の設備の代用方法を考えておく

水回り設備のリフォームをおこなっている場合、当然ですがその設備は利用できません。

その日のうちにおわるタイプのリフォームであればそれほど問題ありませんが、数日続くようなリフォームだった場合、その数日間の設備の利用の代用方法について考えておかなくてはいけません。

例えば、トイレのリフォームをおこなう場合であれば、

 近隣の施設のトイレを使用する
 近隣のお宅のトイレを利用させてもらう

など、生活に支障が出てしまわないような代用方法をしっかりと考えておくようにしてください。

3. 業者選びは複数の業者を比較してから選ぶ

船橋市には水回りのリフォームをおこなってくれる業者が複数ありますが、水回りのリフォームを成功させられるかどうかは業者選びで決まると言っても過言ではありません。

ですので、必ず複数の業者を比較してから業者を選ぶようにしてください。

そうすることで、より良い業者に水回りのリフォームを依頼できるようになりますよ。

 

船橋市での水回りのリフォームに関する相談は「Homel(ホームル)」へ!

船橋市での住宅の水回りのリフォームを成功させたい場合、複数の業者を比較してから業者を選ぶようにすることが大切だと紹介してきました。

しかし、業者の比較や優良な業者選びは簡単におこなえるようなものでもありません。

ですので、船橋市での水回りリフォームの業者選びは、ぜひ私たちHomel(ホームル)にお任せください。

私たちはリフォーム業者選びに精通していますので、より最適だと思われる業者をピックアップし、紹介させていただきます。

もちろん、業者選びについての相談は無料でおこなえるようになっていますので、まずは一度ご相談いただければと思います。