千葉で外壁をリフォームする場合の費用や業者選びのポイントは?

2020.07.04

住宅内を雨や風から守ってくれる住宅の外壁。

そんな住宅の外壁ですが、常に雨や風にさらされてしまっているということもあって、10年以上住み続けていると劣化してきてしまうものです。

外壁が劣化してしまうと、外観が悪くなってしまうだけでなく、雨漏りが発生し、住宅の内部に影響が出てきてしまうことがあるので早めの対処が必要になってきます。
そこでこの記事では、外壁が劣化してきてしまっているなと感じている千葉在住の方のために、千葉で外壁のリフォームをおこなう際の基礎知識について詳しく紹介していきたいと思います。

外壁リフォームの種類や費用の相場などについてはもちろん、千葉で外壁塗装を請け負ってくれるリフォーム業者を探すときのポイントなども紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

 

千葉で実施できる外壁リフォームの種類

住宅の外壁の劣化が目立つようになってきたときにおこなうべき外壁のリフォームですが、外壁のリフォームにはいくつか種類があります。

千葉で外壁のリフォームをおこなう場合、外壁リフォームの種類とそれぞれのリフォーム方法の特徴を把握し、適切な方法でリフォームをおこなっていくことがとても重要になります。

そこでまずは、外壁リフォームの種類と、最適なリフォーム方法の選び方について解説していきたいと思います。

 

塗り替え

外壁のリフォームに用いられるリフォーム方法の一つ目が、外壁の塗り替えです。
私たちが生活している住宅の外壁は、外壁塗装用の塗料によって塗装されています。

塗装をおこなわずに外壁材がむき出しの状態になってしまっていると外壁の劣化が早く進んでしまいますし、雨漏りも発生しやすくなります。
外壁塗装用の塗料で外壁を塗装すると外壁の表面に塗膜がはられますが、この塗膜が外壁材の劣化や雨漏りを防いでくれるので、より住宅が長持ちするようになるわけです。
しかし、外壁材の表面の塗膜は月日が経つにつれ、どんどん劣化し、最終的には剥がれ落ちてしまいます。
その際に必要になるのが、外壁の再塗装である塗り替え工事というわけです。
塗り替え工事では、外壁塗装用の塗料で外壁を塗り直し、塗膜を復活させていきます。

こうすることにより、外壁材や住宅を保護できるようになりますし、見栄えを良くすることもできるようになります。

 

 

張り替え

外壁のリフォームをおこなう場合、まず第一に外壁の塗り替えで対応できないかどうかを考えていきます。
しかし、外壁材に不具合が生じ、その不具合が修復できないレベルであった場合、塗り替え工事では対処することができません。
その際におこなわれるのが、外壁材の張り替え工事です。

張り替え工事はその名のとおり、古い外壁材を撤去し、新しい外壁材に張り替えていくタイプの工事です。
これにより、古い外壁材に修復不可能な不具合が生じてしまっていたとしても対処することができるようになるわけですね。
張り替え工事は塗り替え工事と比べると費用が高額になりますし、工期も長くなってしまいます。

ただ、真新しい外壁材にする分、耐久性がグッと高まりますし、耐用年数が長くなるというメリットもあります。

 

重ね張り(カバー工法)

張り替え工事は耐久性と耐用年数に優れた工事ではあるものの、費用が高くなってしまい、工期も長くなってしまいがちだと紹介してきました。

そんな重ね張りのデメリットを払拭するために生まれたのが、この「重ね張り工事(カバー工法)」です。
カバー工法では、既存の外壁材を撤去せずに残したまま工事をおこなっていきます。
既存の外壁材の上から新しい外壁材を敷いていくので、既存の外壁材を撤去する手間や、撤去した外壁材を処分する費用が発生しません。

既存の外壁材に重ね張りしていく分、住宅の強度が必要になるというデメリットはありますが、張り替えに比べるとだいぶ費用を抑えることができるので人気が高まってきています。

 

どの方法でリフォームするかは築年数を参考に

外壁のリフォーム方法には3つの種類があると紹介してきましたが、実際に外壁のリフォームをおこなう場合、どの方法でリフォームするのがベストなのかで頭を悩ませる方が多くなっています。

最終的な判断についてはリフォーム業者に外壁の状態を確認してもらった上で決めるのがベストですが、築年数によって判断することもできます。
外壁塗装の耐用年数は、用いられている塗料による違いはあるものの、10年〜15年ほどと言われています。

一方、こちらも素材による違いはありますが、外壁材の耐用年数は30〜40年ほどと言われています。
つまり、築年数が30年に満たないのであれば外壁の塗り替え工事で対応し、30年以上経っているのであれば外壁材の張り替えかカバー工法で対応するべきだと判断できるわけです。

その他にも判断基準はありますが、一般の方が判断するには難しい部分もあるので、とりあえずは築年数で判断するようにしてください。

 

千葉での外壁リフォームに使用される塗装剤と外壁材の種類

外壁の3種類のリフォームのうち、塗り替え工事には塗装剤が、張り替え工事とカバー工法には外壁材が使用されますが、塗装剤と外壁材にもいくつか種類があります。

それぞれ価格や耐用年数が異なるので、外壁のリフォームに使用される塗装剤や外壁材についても簡単にでもいいので把握しておくべきです。

そこでここからは、外壁のリフォームに使用される塗装剤と外壁材の種類について紹介していきたいと思います。

 

塗り替え工事に使用される塗装剤の種類

塗り替え工事で外壁のリフォームをおこなっていく場合に使用される主な塗装剤と価格の目安、耐用年数については以下のとおりです。

塗装剤の種類  1平米あたりの単価の目安 耐用年数の目安
アクリル塗料 1,000〜1,300円 5〜7年
ウレタン塗料 1,600円〜2,000円 7〜10年
シリコン塗料 2,000円〜3,500円 10〜15年
ラジカル塗料  2,500〜4,000円 10〜15年
フッ素塗料  3,000円〜4,500円 15〜20年
セラミック塗料  5,000〜6,000円  10〜15年
無機塗料  3,500円〜5,000円  10〜25年
光触媒塗料 4,000〜5,000円 10〜20年

 

外壁の塗り替えリフォームに使用される塗料にはこれだけ種類がありますが、今現在最も人気があるのはシリコン塗料です。

シリコン塗料を選んでおけば間違いないと言われているほどなので、迷ったらシリコン塗料を選ぶようにするといいでしょう。

 

張替え工事や重ね張り工事に使用される外壁材の種類

外壁の張替え工事や重ね張り工事に使用される外壁材の種類と価格の目安、耐用年数については以下のとおりです。

外壁材の種類  1平米あたりの単価の目安  耐用年数の目安
モルタル  1,500〜4,000円 25〜30年
窒素系サイディング材 3,500円〜5,000円 20〜25年
金属系サイディング材  4,000円〜6,000円 25〜30年
樹脂系サイディング材 7,000〜9,000円 25〜30年
木質系サイディング材 6,000円〜8,000円 7〜10年
タイル 7,000円〜9,000円 35〜40年
ALC 7,000〜15,000円 55〜60年

 

外壁材も種類が豊富ですが、今現在主流となっているのは窒素系サイディング材です。

窒素系サイディング材は非常にコストパフォーマンスの高い外壁材なので、迷ったときは窒素系のサイディング材を選ぶようにするといいでしょう。

 

千葉で外壁リフォームをおこなう場合にかかる費用の相場

千葉で外壁のリフォームをおこなう際にかかる費用の相場は、リフォームの方法とリフォームに用いる素材によって大きく異なってきます。

また、外壁の状態や住宅の大きさによっても差が出てきます。

そのため、千葉リフォーム業者を呼んで見積もりをとってもらうのが一番ですが、大体の目安がたっていた方が予算の準備なども進めやすいかと思うので、それぞれの方法でリフォームをおこなった場合の費用の目安についても紹介しておきたいと思います。

それぞれの方法でリフォームをおこなった場合の費用相場の目安については、以下のとおりです。

工事の種類 費用相場の目安
塗り替え工事(外壁塗装) 80〜150万円
張替え工事 200〜300万円
重ね張り工事(カバー工法) 150〜250万円

 

 

千葉で外壁リフォームをおこなう際の流れ

千葉で外壁のリフォームをおこなう場合、リフォームの流れについて事前に確認しておくことも大切です。

流れを確認しておくことで普段の生活への支障を最低限に抑えることができますし、

工程 概要
問い合わせ まず初めに、外壁のリフォームを依頼する業者へ問い合わせをおこないます
相談と現場の確認 担当者にリフォームをおこなう住宅まで訪問してもらい、リフォームについての相談や現場の確認をしてもらいましょう
概算見積もり 概算での見積もりを出してもらいます
製品の選定 リフォームに使用する塗装剤や外壁材の選定をおこないます
本見積もり 選定した塗装剤や外壁材もとに本見積もりを作成していきます
本見積もりの金額を確認し、問題なければ契約となります
着工 リフォームが着工されます
工期はリフォーム内容によって異なるので、事前にしっかりと確認しておくようにしましょう
立ち会いでの確認

 

 

千葉で外壁のリフォーム業者を探すときに意識するべき2つのポイント

最後に、千葉で外壁のリフォーム業者を探すときに意識するべきポイントについてみていきましょう。

 

1. 資格や建設業の許可を持っている業者かどうか

外壁塗装でリフォームをおこなう場合に注目してほしいのが、資格や建設業の許可を持っている業者かどうかについてです。

一般的には知られていませんが、塗装業者を営む場合、特に資格は必要ありません。
そのため、悪徳な業者や質の低い仕事をする業者が多くなってしまっているわけです。

ですので、建設業に関する許可や塗装に関する資格などを持っている業者を選ぶようにしてください。

 

2. 塗装現場を確認させてもらえる業者かどうか

塗装現場を確認させてもらうことができるかどうかも大事なチェックポイントの一つです。

塗装現場をチェックされると手抜きができなくなってしまうため、悪徳業者は現場のチェックを嫌がる傾向にあります。

安全面での理由などから見学を断る業者もいるので一概には言えませんが、過度に断ろうとする業者や特に理由もないのに断ろうとする業者には注意が必要だと言えるでしょう。

 

まとめ

千葉で外壁のリフォームをおこなう際に覚えておいてほしいことについて詳しく紹介してきました。

塗り替えでリフォームするにしても、張り替えやカバー工法でリフォームをおこなうにしても、外壁のリフォームは結構な金額のかかるリフォームになるので、事前にしっかりとリサーチしておくべきです。

今回この記事で紹介してきたことを参考にしながらリフォームを進めていってもらえれば、少なくとも失敗するようなことはなくなるはずなので、ぜひ参考にしてみてください。